すのこが大活躍!!とっても簡単なローテーブルの作り方

はじめに

ごはんを食べたり勉強したり。そんなときに使えるローテーブルを作りました。
コスト・手間をあまりかけたくなかったため、DIYの味方、すのこを使って作っていきましたので、その手順をご紹介したいと思います。

完成品はこちら

まず完成品の画像から載せてしまいます。
材料は安いものばかりですが、仕上がりはしっかりとしていて、収納スペースも十分なローテーブルが完成しています。

材料と準備

すのこを用意

作りたいテーブルサイズのすのこを購入。
今回すのこはテーブルの側面に使います。
ちょうどいいサイズのすのこがない場合には、次の手順のようにカットして使うのもおすすめです。

すのこをカット

今回作りたいテーブルの高さと幅に合うすのこが見つからなかったため、一つの大きめのすのこをカットすることにしました。

天板の用意

天板は一枚板でなく、つなぎ合わせた感じを出したかったので、1×6材をカットして並べてボンドで接着しました。
1×4材でも良いですが、凹凸感を少なくしたかったため1×6材にしています。

棚板を2枚用意

収納用の棚になりますが、テーブルの強度を高める理由で使用しています。
この2枚はすのこの柱に引っ掛けるようにして組み立てていきます。

補強用の木材

テーブルの脚の部分を補強するために、2×3の木材をカットしてボンドでくっつけています。

組み立て

難しい部分はありません。すのこに引っ掛けるようにして組み立てていき、強度が足りない箇所をビス止めしていきます。

さいごに

すのこを使ったテーブルや棚を作るのは、採寸する箇所が少なくて済んだり、金具いらずで済ませることができたりするのでDIY初心者にはとてもオススメです。アイディア次第でいろいろな使い方もできると思いますので、ぜひ試してみてはいかがでしょうか。